読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

我在杭州留学生活

1999年、高校2年生の時に国際交流で訪れた杭州の地。その後、大学、大学院、9年の社会人生活を経て、杭州で留学生となった男のなんてことない日々の記録。

ルームメート現る!

今日は朝起きて昨日撮った写真を事務室へ持ってったり、学生カードを発行してもらうなどの手続きをしました。

 

お昼は学校の近くに見つけた「蘭州拉麵」!!

f:id:guitaidistance:20160925232320j:image

 

ネットで見かけたことがあって、ずっと食べて見たかったんだよね。

蘭州拉麵とは、清真料理(チベット料理)で、基本チベットイスラム系なので、中華料理とはまた違った料理になります。

 

f:id:guitaidistance:20160925232313j:image

 

いやー、中国で食べた料理で1番美味かったです。

これで13元。

 

日本でもほとんどラーメンのスープは飲まないのに、全部飲み干しちゃいました。 

いいお店見つけたぞ!

 

その後、道を歩いていたら、腰に手を当てながら歩くかわいいおばちゃんを発見!!

 

 

 

 

 

 

f:id:guitaidistance:20160925232629j:image

 

 

 

 

しばしストーキング…笑

 

 

 

 

 

f:id:guitaidistance:20160925232724j:image

 

 

 

 

たまらないかわいさ。笑

 

 

ところで、

 

入学手続きや入寮を終えてから、部屋に戻るときドアを開けたらルームメートが到着しているんじゃないかといつもドキドキしていたんですが、今日の午後、事務室に問い合わせに行って部屋に戻ったら、ついにルームメートが居ました!!

 

見た感じいかにもアメリカの学園ドラマに出てきそうな金髪青眼の青年でした。

その名もリース。

 

23歳で、カリフォルニア州出身、中国画を専攻するとのことです。

リースにはひとつ困った点が・・・

 

なんとまだ中国語は喋れないとのこと。

中国画を勉強する前の1年間は中国語を専攻するみたいです。

彼が中国語を喋れる様になるまでは、英語での会話を余儀なくされそう。泣

 

一度挨拶をして会話をしたあと、2人とも疲れ果て、気づいたらそれぞれ寝てました。笑

緊張したのと、とりあえずどんな人か分かりホッとしたのと。

 

夜は一緒に食べようということになり、前に1人で行った「知味観」を案内。

小籠包を気に入っていました。

 

それにしても、中国の店員のお礼も言わない態度とか、交通マナーの悪さには呆れ果てた様子。

何かある度に2人で「アンビリーバボー!!」と言ってゲラゲラ笑ってました。

 

仲良くやれるといいな。

 

 

ようやく入寮

朝起きて、さっさとシャワーを浴び、着替えて大学へ行く準備。

入学手続きが済んだら荷物を取りに来ようと、大きな荷物は鍵をかけて部屋に置いておきます。

 

そこで警察学校の彼が「学校へ行くのか?」と声をかけてくれた。

「うん!またあとで!」といい、はやる気持ちを抑えきれず、急いで学校へ。

 

昨日まで閉まっていたのが嘘のように、大学にはすごい数の学生がいます。

当たり前だけど、みんなすごい若い。

しかも美大だけあって、おしゃれな学生が多いな〜

ちなみに学校はこんな感じ。

f:id:guitaidistance:20160925093333j:image

 

寮の一階ではポルシェが売られて居ます。笑

f:id:guitaidistance:20160924184034j:image

 

国際教育学院に行ったところ、色々時間はかかりましたが、なんとか手続きはできました。

事務室の方が日本人の学生を呼んで来てくれて、2人とも面識があったのでご挨拶。

去年見学に来た際に、色々よくしてくださった方々です。

 

その後、自分の部屋に案内されました。部屋はこんな感じ



f:id:guitaidistance:20160925093229j:image

f:id:guitaidistance:20160925093600j:image

f:id:guitaidistance:20160925093258j:image


アメリカ人の学生と2人部屋とのこと。

どんな人が来るんだろう。ドキドキ

 

 

 

その後、奨学金が振り込まれる銀行のカードと、写真、それから携帯のシムカードを買うために街へ。

日本人の先輩(と言ってももちろん年下。笑)が付き添ってくれました。

 

その後、宿に荷物を取りに戻りましたが、誰も居らず・・・

昨日よくしてくれた2人はもうチェックアウトして出かけてしまったみたいです。

 

なんか切ないなあ。連絡先交換しようって言ってくれたのに、昨夜の散歩の時スマホを部屋に置いていたから、部屋に戻ったらぜひと言いつつ結局タイミングを逸してしまった。

朝なんであんなにそっけなく出てしまったのか。

この留学で、初めて親しくなった中国人だったのに。

お礼、せめて挨拶くらいしたかった。残念。

 

夜は日本人の留学生3人の方が歓迎会を開いてくださいました。

綺麗なデパートの中にあるお店で淡水魚を。

結構辛かった。

f:id:guitaidistance:20160925093623j:image

 

紹興酒を結構飲んで、部屋に帰ったらすぐに爆睡。

 

 

大部屋に移る。

15日から寮に住む予定だったけど、結局大学が休みで開いておらず、延泊をすること2日・・・

なんだかお金ももったいないので、ユースホステルの中でも安い大部屋に移動することにしました。

 

フロントのお姉さんたちもいいの??って顔してたけど、本来発生するはずのない宿泊費としてお金を払うのはバカバカしいし、自分はこれから学生に戻るのだから。

 

トイレとお風呂が共用になり、部屋には男性6人。

二段ベットが三つある部屋で、それまでの部屋が1泊200元だったのに対し、70元になります。日本円でいうと、それまでが1泊千円位だったのに対し、だいたい千円くらいですね。

 

って、たかだか2千円の差なら1人部屋でもいいのでは?と

心の中の、33歳自分が言ってきます。

学生に感覚に戻るのにはまだまだ時間がかかりそうです。

 

部屋に入るとすでに1人、若そうな人が居ます。

話しかけてみると、江西省から来て、卒業が遅れてしまったが、警察学校に通っているという青年でした。とても性格が良さそうな感じ。休みを利用して杭州に来たとのこと。

 

そこで1度お出かけして、夜の22時までスタバで勉強。。。

 

その後部屋に戻ったら彼「こんなに遅くまでどうした〜」とのこと。

色々世話を焼いてくれて、シャワー浴びに行ったり、フロントに行くのも声かけてくれます。

なんか中国人っぽい。

 

その後、話の流れで、北京在住のプログラマーをしている同部屋の人と3人で夜の西湖を散歩することになりました。

つい最近まで暑かったというのに随分涼しくなって、夜風がすごく気持ち良かった。

 

西湖のほとりにある、生演奏をしているおしゃれなオープンバーで、飲む。

 

日中の景気の話、それぞれの故郷に話、ここまでどうやって来たのか、これからどうするのかについて話す。もっとうまく中国語を話せたらなあ。

2人は色々気遣って話してくれて本当に優しくていい人だった!

 

その後、部屋に戻って爆睡。6人部屋は満員だった。

まさかの展開

今日は入学手続きの開始日。

1番乗りしてやろうと、朝9時には大学に行きました。

 

が、全く人の居る気配は無し。

中に入ろうとすると、警備員に止められます。

 

留学生である事、これから入学手続きをしたいと旨を伝えるも、

「書類を見せてみろ!」というので、見せてみると確かに15日と書いてあるので渋々認め、中に入れてくれました。

 

しかし、中に入っても、人っ子1人いない・・・

汗だくで事務室らしきところを探すも閉まっており、というかそもそも、自分が行くべき「国際教育学院」に行く扉そのものが閉まっている。

 

泣く泣く警備員にその旨を相談すると、

憐れんだ顔で「俺は18日からだと聞いているぞ。18日にまた来い!18日だからな!」

 

とのこと。

 

なんだよ。18日からならもっと沖縄でゆっくり準備できたのに!

家族や友達と過ごす時間ももう少し取れたのに!

てか、何のための書類だよ!!

 

しばらくフテ寝したあと、とりあえず延泊する手続きをし、大学の美術館を見学。

こちらは観光客向けに開いている。

 

f:id:guitaidistance:20160924180123j:image

f:id:guitaidistance:20160924180132j:image

f:id:guitaidistance:20160924180144j:image

f:id:guitaidistance:20160924180158j:image

f:id:guitaidistance:20160924180213j:image

 

 

その後、スタバで指導をお願いしている先生の博士論文を読む。

 

 f:id:guitaidistance:20160924180236j:image

 

6時間くらいかな?

とりあえず頑張りました。

知味観

そういえば今日の夕飯は、杭州で有名なお店らしい、「知味観」の支店があったので行って来ました。

本店の様に手の凝ったものはなく、シンプルな食堂の様な感じ。

 

頼んだのは「青菜蝦仁麺」と「三鮮小籠」(多分)

f:id:guitaidistance:20160924171900j:image

32元(約480円)

 

味はまあまあ、と思ったけど、途中で飽きました。

小籠包は昨日のお店よりずっと良かったです。

 

早く安くて美味しいお店を見つけよう!

 

 

我记得你!

さてさて、留学2日目。今日も朝から雨。

とりあえず朝食を求め、宿の近くで店を探すも、無し。

 

仕方ないので、近くのスタバに来ました。

中国でスタバに来ると、なんか負けた様な気になるのはなぜだろう。笑

 

でも、このスタバ、(無駄に)おしゃれです。

何せ、世界遺産、西湖を見ながらコーヒーが飲めます。

 

f:id:guitaidistance:20160924161700j:image

f:id:guitaidistance:20160924161846j:image

f:id:guitaidistance:20160924161941j:image

f:id:guitaidistance:20160924161958j:image

f:id:guitaidistance:20160924161821j:image

 

その後、ホテルに戻ると、フロントのお姉さんが「今居る1人部屋から、部屋から西湖が見られる大きな部屋に20元(300円)でグレードアップしない?」と声をかけてくれました。

実はそのお姉さん、僕が1年半前にこの宿に来た時にも居た人。

その時きちんと予約が取れていなかった俺に部屋を割り当ててくれて、色々親切にしてくれて、その時の旅行の中で1番印象に残っていた中国人でした。

 

とりあえず部屋を見せてくれるというので、部屋に向かう途中、

「其实,我曾经来过这旅馆。」(実は、僕前にここに来た事あるんだよね)

というと、笑顔で

「我记得你!」(私はあなたの事覚えているよ!)

って。

 

いや〜、めちゃめちゃ嬉しかったですね。

ちなみに僕が今泊まって居る宿は、ここ。

杭州のほとりにある、ユースホステルです。

 

f:id:guitaidistance:20160924163323j:image

 

広くて気に入ったので、部屋は即決!

 

その後は、Apple Store(でかっ)に行ったり、街を散策して、帰宅、じゃなくて帰舎。

f:id:guitaidistance:20160924163956j:image

f:id:guitaidistance:20160924170520j:image

f:id:guitaidistance:20160924164022j:image

 

杭州の街は綺麗だけど、夜はやけにキラキラしています。

もう少し抑えた方がきれいだと個人的には思う。

 

f:id:guitaidistance:20160924170550j:image

f:id:guitaidistance:20160924164055j:image

 

 

 

 

 

 

 

出発!

今日は中国生活最初の日。

 

高校卒業後、大学進学とともに上京し、なんだかんだで僕の東京生活は13年になった。

 その東京を離れ、地元の沖縄へ帰って来たのが9月9日。

そこから恩師に会ったり、仲間達に会ったりと慌ただしく過ごして、あっという間に出発の13日に。

 

朝4時半頃、実家の犬が、散歩している人に吠えまくる声で目が覚めた…。

すごく腹が立ったけど、よく考えてみればしなきゃいけない事がたくさんあったので、ちょうど良かった。

 

仕事や学校に行く母や姪っ子達を見送り、荷造りを完成させたところで姉の運転する車で婆ちゃんのうちへ。

その後、郵便局や銀行で金の振り込みなど必要な手続きをして最後にドコモショップに行き、ギリギリまで使った携帯を解約。

 

姉には朝9時から13時まで、あちこちへ車で連れてってもらって、本当助かりました。

 

そんなこんなで、14時40分発のところ、13時頃那覇空港に到着。
出発2時間前の12時40分には着いている予定だったので少し焦る。
13時55分前までに搭乗手続きができればOKとはいえ、一度上海で帰国の便に乗り遅れた事のある身としては本当に不安で、ピリピリしながら列に並ぶも、特に何のトラブルもなく搭乗手続きが済み、飛行機に乗れました!!それにしても乗るまで本当にドキドキだった。

 

 

留学に向かう飛行機では、隣に座った人と仲良くなって、連絡先交換したり、互いの文化について話したり充実した時間を…

 

なんて無駄にキラキラした事考えていましたが、現実はもう少し平凡なものでした。
お隣の方は中国人男性のようでしたが、周囲に友人だらけでこちらを飛び越えて話しているような感じだったし、なんか特に興味が持てなかったので話しかけませんでした。笑

 

自分に嘘はつけない!笑

 

国内を移動する時だって別に隣の人に話しかけないもんね。

別にその人が嫌だったとか、そういうわけではないです。

 

結局一人でまだ覚え切れていない構文の暗記を必死でがんばりました。

 

そんなこんなで、空港で買ったおにぎりお弁当を食べていると、機内食が。。。あっ

機内食の存在を完全に忘れていました。笑

というわけで、これが中国東方航空機内食

 

f:id:guitaidistance:20160924152855j:image

 

空腹でなかったこともあって、見た瞬間絶対食べたくない…と思ったけど、何とか食べましたよ。パスタは、麺がパスタというより、ちぢれのない、中国の普通の麺という感じだったけど、一応クリームソースがかかっていて、まぁ、食べられなくはない。百均のパスタソースを少しまずくしたくらいか?笑

 

 

そうこうしているうちにあっという間に上海浦東空港へ。
東京ー沖縄間を乗り慣れている身としては随分近く感じる。

 

着いたらまず、出国手続き。
出国手続きに必要な用紙は機内で書いていたのでかなり早く列に並べ、お姉さんの笑顔とともに中国へ入国完了!!

 

 その後、両替をして空港から高速バス(110元)で杭州まで。

日本にいる間に、浦東から杭州までのバス乗り場と、バスの料金、時間、注意事項等調べていたので、ほとんど困る事なくバスチケットを購入できたっ!

よっしゃっ。

 

16時過ぎに飛行機を降り、出国手続き、荷物の受け取り、両替を済ませ、広い空港内を移動して17時過ぎにはバス乗り場でスタンバイしていたのだから、我ながら中国人も顔負けの素早さだったと思う(自我自賛・笑)

 

そうして高速バスへ。
バス乗り場は、いかにも中国といった、コンクリートむき出しの廃れた感じ。

f:id:guitaidistance:20160924153116j:image

 

f:id:guitaidistance:20160924153134j:image

 

うん、この感じ、嫌いじゃない。笑
そして、ただのマイクロバスの荷物置き場(バスの下部)に荷物を預けて乗り込む。

3時間弱で杭州に着きました!

 

f:id:guitaidistance:20160924153525j:image

 

f:id:guitaidistance:20160924153550j:image

 

残念ながら雨。

だけど、1年半ぶりに訪れた杭州の印象はやっぱり綺麗!!

 

宿に向かい、荷物を置いたら友達からメッセージが届いていた。

なんでもない事だけど、すごく嬉しかったし、ホッとした。ありがとう!

ただの旅行と違って、これが留学生活の始まりだし、ミスができないというか、きちんと杭州に着くまでは安心できなかったから...

 

その後、しばらく歩いてレストランで夕食。

杭州名物の麺、「杭州片儿川」と「小籠包」。

不味くはないが・・・

計30元(450円)

 

f:id:guitaidistance:20160924153844j:image

f:id:guitaidistance:20160924153859j:image

 

長い1日が終わった。