我在杭州留学生活

1999年、高校2年生の時に国際交流で訪れた杭州の地。その後、大学、大学院、9年の社会人生活を経て、杭州で留学生となった男のなんてことない日々の記録。

出発!

今日は中国生活最初の日。

 

高校卒業後、大学進学とともに上京し、なんだかんだで僕の東京生活は13年になった。

 その東京を離れ、地元の沖縄へ帰って来たのが9月9日。

そこから恩師に会ったり、仲間達に会ったりと慌ただしく過ごして、あっという間に出発の13日に。

 

朝4時半頃、実家の犬が、散歩している人に吠えまくる声で目が覚めた…。

すごく腹が立ったけど、よく考えてみればしなきゃいけない事がたくさんあったので、ちょうど良かった。

 

仕事や学校に行く母や姪っ子達を見送り、荷造りを完成させたところで姉の運転する車で婆ちゃんのうちへ。

その後、郵便局や銀行で金の振り込みなど必要な手続きをして最後にドコモショップに行き、ギリギリまで使った携帯を解約。

 

姉には朝9時から13時まで、あちこちへ車で連れてってもらって、本当助かりました。

 

そんなこんなで、14時40分発のところ、13時頃那覇空港に到着。
出発2時間前の12時40分には着いている予定だったので少し焦る。
13時55分前までに搭乗手続きができればOKとはいえ、一度上海で帰国の便に乗り遅れた事のある身としては本当に不安で、ピリピリしながら列に並ぶも、特に何のトラブルもなく搭乗手続きが済み、飛行機に乗れました!!それにしても乗るまで本当にドキドキだった。

 

 

留学に向かう飛行機では、隣に座った人と仲良くなって、連絡先交換したり、互いの文化について話したり充実した時間を…

 

なんて無駄にキラキラした事考えていましたが、現実はもう少し平凡なものでした。
お隣の方は中国人男性のようでしたが、周囲に友人だらけでこちらを飛び越えて話しているような感じだったし、なんか特に興味が持てなかったので話しかけませんでした。笑

 

自分に嘘はつけない!笑

 

国内を移動する時だって別に隣の人に話しかけないもんね。

別にその人が嫌だったとか、そういうわけではないです。

 

結局一人でまだ覚え切れていない構文の暗記を必死でがんばりました。

 

そんなこんなで、空港で買ったおにぎりお弁当を食べていると、機内食が。。。あっ

機内食の存在を完全に忘れていました。笑

というわけで、これが中国東方航空機内食

 

f:id:guitaidistance:20160924152855j:image

 

空腹でなかったこともあって、見た瞬間絶対食べたくない…と思ったけど、何とか食べましたよ。パスタは、麺がパスタというより、ちぢれのない、中国の普通の麺という感じだったけど、一応クリームソースがかかっていて、まぁ、食べられなくはない。百均のパスタソースを少しまずくしたくらいか?笑

 

 

そうこうしているうちにあっという間に上海浦東空港へ。
東京ー沖縄間を乗り慣れている身としては随分近く感じる。

 

着いたらまず、出国手続き。
出国手続きに必要な用紙は機内で書いていたのでかなり早く列に並べ、お姉さんの笑顔とともに中国へ入国完了!!

 

 その後、両替をして空港から高速バス(110元)で杭州まで。

日本にいる間に、浦東から杭州までのバス乗り場と、バスの料金、時間、注意事項等調べていたので、ほとんど困る事なくバスチケットを購入できたっ!

よっしゃっ。

 

16時過ぎに飛行機を降り、出国手続き、荷物の受け取り、両替を済ませ、広い空港内を移動して17時過ぎにはバス乗り場でスタンバイしていたのだから、我ながら中国人も顔負けの素早さだったと思う(自我自賛・笑)

 

そうして高速バスへ。
バス乗り場は、いかにも中国といった、コンクリートむき出しの廃れた感じ。

f:id:guitaidistance:20160924153116j:image

 

f:id:guitaidistance:20160924153134j:image

 

うん、この感じ、嫌いじゃない。笑
そして、ただのマイクロバスの荷物置き場(バスの下部)に荷物を預けて乗り込む。

3時間弱で杭州に着きました!

 

f:id:guitaidistance:20160924153525j:image

 

f:id:guitaidistance:20160924153550j:image

 

残念ながら雨。

だけど、1年半ぶりに訪れた杭州の印象はやっぱり綺麗!!

 

宿に向かい、荷物を置いたら友達からメッセージが届いていた。

なんでもない事だけど、すごく嬉しかったし、ホッとした。ありがとう!

ただの旅行と違って、これが留学生活の始まりだし、ミスができないというか、きちんと杭州に着くまでは安心できなかったから...

 

その後、しばらく歩いてレストランで夕食。

杭州名物の麺、「杭州片儿川」と「小籠包」。

不味くはないが・・・

計30元(450円)

 

f:id:guitaidistance:20160924153844j:image

f:id:guitaidistance:20160924153859j:image

 

長い1日が終わった。