我在杭州留学生活

1999年、高校2年生の時に国際交流で訪れた杭州の地。その後、大学、大学院、9年の社会人生活を経て、杭州で留学生となった男のなんてことない日々の記録。

国慶節

こちらは国慶節に入りました。
国慶節とは中華人民共和国の建国を祝う祝日で、10月1日から7日までです。
この時期は中国の学校は完全にお休みです。
また、様々な公共機関も同時にお休みとなっています。

僕も授業はないですが、先生から課題として出されている本を読まなきゃいけないです。
また、作品も仕上げなくてはなりません。
これまでは図書館の本を借りて読んでいたのですが、
書き込んだりできなくて不便なので、今日は本屋に探しに行ってきました。

百度バイドゥ・中国のGoogle的存在のサイト)で「杭州で一番大きな本屋」と検索して、見つけた本屋に行ってきました。
その名も「Boku 博庫書城」という店。
広さ的には新宿のサザンテラスの方にある紀伊国屋の4倍くらいあるのではないでしょうか。ただ、4階までしかありません。

f:id:guitaidistance:20161016194652j:image
f:id:guitaidistance:20161016194801j:image
f:id:guitaidistance:20161016194802j:image
f:id:guitaidistance:20161016194929j:image
f:id:guitaidistance:20161016194938j:image
f:id:guitaidistance:20161016194944j:image

とにかくデカイのですが、カフェもあってお洒落です。
書道関係の本も日本ではありえないくらい充実していて、最高でした。

そして課題の「中国思想史」の本を探すのですがなかなか見つかりません。
中国哲学」のコーナーを探しても見つからず。。。

諦めて、適当に歩いていたら視界に入りました!!!
やった( ´ ▽ ` )ノ
f:id:guitaidistance:20161016194957j:image
f:id:guitaidistance:20161016195519j:image


というわけで興奮して、帰りは見かけた日本料理屋でチキン南蛮を。確か48元(750円)くらいだったかな。
f:id:guitaidistance:20161016195512j:image

高い。普段の1日の食費以上ですね。笑

味は完全に日本風ではありませんが、まあ、まずくはなかったです。